北風小僧の日記

日々の日常体験を元に記事を書いて行こうと思います。読書レビューも更新していきます!

環境月間

環境月間と言うことで最近ニュースで見た環境に対する取り組みの話をしたいと思います。

2020年四月頃から本格的にレジ袋の有料化が公表され、法律としてレジ袋有料になりました。

これからはコンビニエンスストアでもレジ袋が有料化されますが、コンビニに行く時は大概エコバックを持っていないので買うことになるかなと思います。

有料といっても2 3円程度なのでレジ袋を買う人がほとんどで効果はそんなに出ないかなと思います。

なのでレジ袋を有料化というよりかは、完全廃止にしてしまった方がいいんじゃないかと思います。

レジ袋がなくなるとかなり不便になる一方で、これぐらいまで本格的にやらないと環境に対する意識は変わらないかなと思いました。

 

こういったレジ袋の廃止以外にもフードロスの取り組みをしていると言うニュースも見ました。

食品ロスは年間で6,320,000トンも出ているらしく、これは1人1日でお茶碗一杯分のご飯を捨てているという計算になるそうです。

想像以上に食べ物が捨てられているなという印象を持ちましたが、フードロスはいろんなところで出ており賞味期限の過ぎた物の廃棄なども組まれているのでかなりの量となっているみたいです。

このフードロスの対策として、賞味期限の切れたものを80〜90%オフで激安販売しているお店もあるみたいです。

 

賞味期限が切れたといっても、すぐダメになるものではないみたいで、賞味期限は商品の品質を保障するもので、実際の賞味期限よりリスクを見て早めに設定されているようです。

なので、数日経っても変わらなく美味しく食べられます。

賞味期限を過ぎたからといって簡単に捨ててしまうのではなく食べれるものは自己責任の中でロスが出ないように食べていきたいと思います。

 

ちょっと話が変わるのですが

最近私の部署の1部の中では、見たこともないような激辛の赤い物体をご飯に混ぜて食べるのが流行っているようで、私も前回その調味料を試食しました。

なかなかの辛さで食べるのにてこずりましたが、フードロスを発生させないようになんとか食べきりました。

食べきった後とは普通になんともなかったのですが、後々お腹に違和感を覚えたので、フードロスをしないためとはいえ、体に影響のない程度で辛いものは食べていきたいと思います。

 

 

いざユニバへ

明日はなんと…有給を取りました!

普段あんまりとってなかったから久しぶりの有給に胸が踊ります!

しかも、明日の予定はユニバーサルスタジオジャパン🇯🇵

 

久々のユニバ参上です。

同期のメンバーと泊まりで行くんですがあんまり一緒に遊びに行ったことないから、楽しみ半分不安も半分

 

でも積極的に楽しんで行きたいと思います!

コナンの脱出ゲームもやるみたいやし

 

せっかくの休みやし精一杯遊んできます^_^

思考の解像度を上げる

思考を埋める時に必ず足りない箇所等を注意して気づき埋める必要がある。

その1つの方法として、横のLINEを意識し、考えを広げていくということがある。

考えているとついつい同じことばかりを考えて堂々巡りをしてしまうって言う事はよくあることだと思う。

時間をかけた割に、考えたアイデアは前半に出てきたものばっかりだったなんて事は無いだろうか。

そんな時に横のLINEを意識してもう一度見直してみる。

そうすると以外にも抜けや被りがあったりする。

 

さらにこれができれば縦のLINEも色紙考えを深めていく。

これをいきなり縦のLINEから具体的に進めていこうとすると、それだけで視野が狭くなってしまう。

思考を掘り下げていく事は必要ではあるが順番を間違えてしまうと視野を一気に狭ばめる原因になる。

そして最後は重複がなく漏れもない状態を目指していく。

マーケティング用語で言うミーシーと同じで最後に見返したときに完璧な状態を再現することで自分の思考の解像度が劇的に上がる。

思考を形に 考えはひとつじゃない

思考をさらに明確化させ自分の考えを彩る方法を今日も紹介していきたいと思います。

 

ではまず初めに、連想とそれをさらに深掘りしていく方法を紹介します。

 

②T字型思考法で考えを進める

この丁字形と言うのはまずは横に発想を広げ、その発想を広げたところを深掘りしていく手法です。

まずはなぜそれで本当にを繰り返します。

とにかく頭に浮かんだ言葉を書き出し内なる言葉に目を向けて形にしましょう。

 

そして、描き出す内容を広げられたらなぜ?を繰り返し考えを掘り下げていましょう。

内なる言葉をただ単に書き出しただけでは正面的な思考だけで深い思考ができていません。

だからこそなぜそう思ったのか。

さらにそれでどうしたいのか考えを進めていきましょう。

ある程度考えを掘り下げればここで一旦広い視野を取り戻すために、本当に?と考えを戻しましょう。

 

深掘りする事は良いことではありますが欠点もあります。

それは、どんどん深まっていくことで視野が狭まることがあります。

それを防ぐために、本当にそのやり方しかないのか、他に違った考えは無いのか。

こうやって自分の深掘りした問いに対して考え直すということが必要になってきます。

思考の整理法 あなたの脳はまだやれることがある

言葉は武器になります。

特にこれからの時代自分の思いを正確に自分だけの形で表現できる人が一番強い。

そんな予感がします。いや、間違いなくそうなります。

 

だからこそ、自分で考え、誰かのマネや定型文ではなく自分だけの形で表現できる文章を書いていきます。

 

そのヒントを与えてくれたのがこの本。

 

「言葉にできる」は武器になる。

「言葉にできる」は武器になる。

 

 まさにタイトル通り、この人の言葉は強くしなやかに相手の心を打つ槍だった。

文章表現の本はいろんなところで出てるけど、これほど納得して実践でも使いたいと思ったのはそうそうないじゃないかな。

 

そんな素晴らしい本に出合えたので、少しづつ本を紹介して、みんなに共有していきます。

 

思考を正しく行うための特殊技法をこの本では紹介しています。

そんな裏技的技術を紹介していきます。

 

  • 頭にあることはとにかく書き出す

頭がいっぱいになってこれ以上もう思い浮かばない…。

そんな経験誰でもありませんか。

私もそんなことがよくありました。

就職活動をしているときに自己分析を皆さんやりますよね。

あれって電車の中とかどこでもできるんですけど、書き出さないと結局自分がどういう人間なのかってわからずじまいで都合の良いうわべだけの自己分析になってしまうんですね。

 

そうじゃなくて、徹底的に自分の思考は書き出して形にすることが大事だと著者は言っています。

もう考えれないっと思っていても紙に書き出すと、「あれ、まだこの可能性もあるんじゃないか」って新しい発想が生まれることが多々あります。

 

頭がいっぱいになったからと言って思考をしていると勘違いしないことです。

それは単なる思考停止。

まだまだ私たちの脳はやれることがたくさんある。

脳の負担を書き出してしまうことで、新たな余裕が生まれ新たな考えも生まれるということです。

 

とにかく考えたことはかきだす。

この習慣が自分をよりよく理解し、思考を整理するのに役立ちます。

まずは己を知ることです。

自分を正確に知りえないものに相手の心に刺さる言葉は発せないのです。

 

自分の内なる思いを相手にぶつけ、自分を表現できるように。

紙に書き出すということは、小さな思考のかけらも見逃さず、掻き出すこと。

最強のふたり 映画感想 

人と人とが触れ合う中で何より思いやりが大切なのだと感じた映画でした。

一見見ると富豪と前科もちが一緒にいること自体違和感ですが、全く異なる境遇の二人だからこそ分かり合えることがあります。さらに、普段では知りえない世界観を異なる二人が出会うことで世界が広がることがあります。

 

 

最強のふたり (吹替版)

最強のふたり (吹替版)

 

 

最初このテーマを見たときに、どういう話なんだろう。

あまり楽しくない、不幸な話なのかなと思っていたのですが、そんなことはなく良い意味で期待を裏切られました。

映画中はとってもユーモアのあふれる言葉や情景、気の合う二人が描かれていてとても楽しい気持ちになりました。

 

映画のあらすじというものはとてもシンプルなものなのですが、そこに人間味というか人の思いやりというものが詰まっていた気がします。

 

富豪の主人公は、パラグライダーの事故で体の半分が動かなくなり、障害者としての生活を強いられるようになりました。

幸い彼は富豪という立場でお金はたくさんあったので、治療や介護をする人達はたくさんいました。

しかし、彼が富豪ということもあり、皆彼のことを気を使いすぎて彼にはその同情に嫌気を指しているようでした。

そこに現れたのが、前科もちのドリスという男。

彼は富豪のフィリップスとは違い、恵まれた環境にはおらず、家族の中の事情も複雑で、居場所のない人間でした。

しかし、フィリップスの介護をするようになり、最初は嫌がっていたものの次第にその思いやりの強さからフィリップスにとって欠かせない存在になりました。

 

 

最強のふたり [Blu-ray]

最強のふたり [Blu-ray]

 

 

富豪のフィリップスに周りのひとはとても気を使っていましたが、刑務所上がりのドリスは気を使うことなく、富豪に失礼な態度をとりまくり。

逆にこれを気に入ったフィリップスが唯一無二の存在として慕っていくストーリーとなっています。

 

ほかにも富豪の淡い恋物語の話もありますが、それはぜひ見て楽しんでください。

 

この映画の感想としては冒頭にも言ったとおり、想像と違いユーモアセンスにあふれ、心温まる物語となっていました。

 

人間は自分とは異質な存在に惹かれるものなのだと改めて感じる映画でした。

自分の思考の中では考えられないようなことをする人って、なんか危険な感じもするんですが、それとは裏腹に魅力的な感じもしませんか。

 

全く異なる価値観を持った人は、分かり合うまでに時間はかかりますが、お互いを理解しあったときに大きく世界が変わります。

こんな考え方もあったのかと。

 

世界中の人々の受け入れる前から拒絶するのではなく、まずは相手の話を聞く、心に寄り添うということをすれば、より良い世界になるのではないかと考えさせられた映画でした。

 

最強のふたり (字幕版)

最強のふたり (字幕版)

 

 

 

 

 

 

感性のアンテナを張る

今日は正直言って書きたいことがまとまっていないので、最近感じたことを自由に書いていきたいと思います。

 

私は普段はサラリーマンとして仕事をしているので平日はほぼ自由に使える時間がありません。だからこそ、土日の自由に使える時間は、大切に使っているつもりです。

 

この大切に使っていると言うのは自分に新しい経験は誰と言う意味で大切に使っています。

具体的には、意識的に普段やらないような新しい経験を、洗濯を取り入れるようにしています。

 

そこで最近私が感じた事は音楽は感性を磨かれると言うことです。君

自分に新しい経験を与えると言う意味で大切に使っています。

具体的には、意識的に普段やらないような新しい経験を、洗濯を取り入れるようにしています。

 

そこで最近私が感じた事は音楽は感性を磨かれると言うことです。

私はそんなこれまで、J-Popで聴くような人気楽曲しか聞いていませんでした。

しかし、最近売れてきたアーティストの中では、ビジュアルだけでなく本当に音楽センスの良い才能を持った人が出ているような気がします。

その人たちの音楽を聴き、歌と言うものはその楽曲とメッセージ声、歌い方、思いなど全てが上あって素晴らしい音楽ができているのだと気づきました。

 

これまでもっと単純なものだと思っていましたが、他の事にも目を向け感性を研ぎ澄ましてみると新しいものが見えてくると言う経験があります。

これからも意識的に今まで知らなかった世界に飛び込んでいきたいと思いました。